Read Article

UVケアは美容のためだけじゃない!危険な紫外線とは

UVケアは、アンチエイジングには欠かせないセルフケアのひとつですが、美容のためだけではありません。紫外線の種類は3つありますが、地上に届かないと思われていた危険な紫外線が、地球上に降り注ぎはじめているというのです。

皮膚ガンなどを予防するためにも、UVケアは重要な役割を果たしていると言えます。

肌トラブルを招く紫外線とは?

紫外線には、UVA波、UVB波、UVC波の3つの種類があります。波長が長いほど、肌への危険性は低いと考えられています。

UVA波は、波長が長く、肌の真皮にまで到達します。そのため、うるおいを保つコラーゲンなどを壊し、シワやたるみの原因となります。美容の大敵ですね。また、雲りの日や室内でも通り抜ける性質があるため、日光に直接当たっていなくても、UVケアが必要です。

UVB波は、UVAよりも波長が短く、肌表面の細胞を傷つけます。メラニンを生成し、シミや皮膚ガンの恐れがあります。直射日光に当たらないUVケアをしていれば、回避することが可能です。

UVC波は、もっとも波長が短くとても危険です。オゾン層に守られて、地上に降り注ぐことはほとんどありませんが、環境破壊によるオゾン層破壊によって、危険が増してきていると言われています。UVBよりも有害で、皮膚ガンの危険性がより高くなると言えます。

全身のUVケアが必要な理由

美容の面だけを考えると、顔のUVケアがもっとも重要だと思えます。顔は外に出ている部分ですし、何よりも目立ちます。しかし、危険な紫外線が降り注いでいるとなると、全身のUVケアが必要になります。

目のUVケアの必要性は、白内障や角膜炎を防ぐのに効果があります。UVケア用のサングラスをかけることで、ほとんど解決できますが、サングラスの横の隙間から紫外線が侵入していますので、完全に防ぐことは難しいです。目から侵入した紫外線は、免疫力を低下させ、疲労感を与えます。

日焼け止めの塗り残しや汗で落ちてしまったときには、UVケアをしていない無防備な状態と同じことです。皮膚ガンを招くだけでなく、目と同様に、免疫力を低下させることで、さまざまな病気の危険が出てきます。それを回避するためには、直射日光を浴びないように日傘をさしたり、日焼け止めをムラなく塗り、数時間おきに塗り直すことがUVケアで大切なことです。

あらゆる病気予防にになる

人間がかかるほとんどの病気の原因は、ストレスです。ストレスがたまることで、免疫力は低下し、抵抗力もなくなります。ストレスは、精神的なストレスももちろんありますが、身体的なストレスも当てはまります。身体的なストレスとは、窮屈な服装や過労、紫外線からのダメージなどが当てはまります。

しかし身体的ストレスは、結果的に精神的ストレスへと変化するのです。そのため、精神的ストレスの方が当り前になっているのでしょう。

精神的ストレスを緩和するためには、紫外線のダメージを食い止めるUVケアが必要ですし、紫外線のダメージを食い止めるUVケアをすると、精神的ストレスを緩和することができます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top