Read Article

アンチエイジングの基本はUVケア!光老化を防ぐ

加齢とともに肌の老化は進行しますが、そのほとんどは、光老化が原因です。光老化は肌だけでなく、髪の毛や頭皮にも影響が及びます。いつまでも若々しく、美肌や美髪を保つためには、UVケアが欠かせません。

光老化とは

光老化とは、紫外線によるダメージで肌の細胞が破壊され、シミやシワ、たるみなどを引き起こす老化現象のことです。

紫外線を浴びなくても、肌は加齢とともに弾力をなくし、乾燥を引き起こします。UVケアを怠ると、光老化が加速して、肌トラブルを起こします。

髪の毛や頭皮も同様で、紫外線の多い季節になると、髪がパサパサになり、頭皮がベタついたり、ニオイも気になります。また、髪が濡れている状態のときは、傷みやすくなっていますので、紫外線からのダメージが大きいのです。

ただ、フケに関してだけは、紫外線が予防となるので、冬よりは夏の方が出にくいと感じたことがあるかもしれません。

アンチエイジングUVケア

アンチエイジングという言葉は、女性の間ですっかり定着しましたが、正しいUVケアができている人は、意外と少ないのです。

アンチエイジングに欠かせないUVケアと言えば、日焼け止め。ほとんどの日焼け止めには、肌に良くないと言われている紫外線吸収剤が使われています。しかし紫外線吸収剤が必ずしも悪いわけではなく、使い方によっては有効なのです。

海などの紫外線の影響を多く受ける場所では、強力なUVケアが必要です。それなのに低刺激のUVケアだけでは、ブロック力が足りません。最近では、紫外線散乱剤と両方使われている日焼け止めや天然由来の成分でできている日焼け止めも多いです。

また、最近の傾向としては、UVケアと同時にスキンケアもできる日焼け止めが人気を集めています。紫外線は肌を乾燥させますので、保湿成分が配合された日焼け止めなら、肌トラブルを防ぐこともできます。

間違ったUVケアは、シミのもと?

UVケアには、ビタミンCが有効ですが、紫外線を浴びる前にビタミンCを摂取してしまうと、光老化を悪化させてしまうというのは、ご存じでしたか?

ビタミンCを多く含む食品には、ソラニンという物質が含まれていることが多く、シミができやすくなってしまうのです。ソラニンには、メラニンを活性化させてシミをつくる作用がありますので、朝などの外出前に摂ると、UVケアどころかシミをつくる手助けをしていることになります。

良くビタミンCが含まれている美白美容液に「ナイトクリーム」と書いてありますが、これは、夜に塗ることを推奨している証拠です。寝ている間にビタミンCがターンオーバーを助け、メラニンを抑制するはたらきのあるメラトニンを活性化させるからです。

肌に良いからと言って、使い方を間違えると大変なことになりますね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top