Read Article

UVケアに効果的な食べ物とは?

美肌の大敵である紫外線からのダメージを最小限に食い止めて、肌の自然治癒力を活かしたUVケアをするためには、食べ物が一番効果的です。美肌に効果的な食べ物はいろいろありますが、UVケアに効果的な食べ物とは、いったいどんな物でしょうか。

アンチエイジングの王様!UVケアには トマト

トマトは抗酸化作用に優れていて、アンチエイジングには欠かせない美肌フードとして有名ですよね。このトマトが、UVケアにも活躍してくれます。

紫外線を浴びると、体内に活性酸素が発生して、免疫力を低下させたり、メラニンを生成したりします。それを事前に防いでくれるのが、トマトに含まれているリコピンです。

紫外線にさらされる前に食べることで、紫外線からのダメージを最小限に食い止めてくれます。朝食や昼食で食べると効果的です。

ビタミンCの宝庫!UVケアには キウイフルーツ

レモンやキウイなどのビタミンCが豊富に含まれている食品は、ソラレンという光毒性のある食品である場合が多いです。光毒性のある食品とは、紫外線に敏感に反応して、肌を黒くするはたらきがあります。シミができやすくなるだけでなく、皮膚ガンを引き起こす可能性もありますので、紫外線を浴びる前には摂取を控えるようにしましょう。

とは言え、ビタミンCはメラニンの生成を抑える重要なはたらきがありますので、寝る前に摂取すると効果的です。寝ている間にターンオーバーが行われますし、睡眠中はトイレに行く回数も減りますので、体内にビタミンCが留まっている時間が長いということになります。

日焼けをしてしまった日の夜には、キウイフルーツをはじめとするビタミンCを摂るように心がけましょう。

イチゴ、ラズベリー、ザクロの効果

とくにザクロは、女性ホルモンを活性化させるはたらきがあることで有名ですよね。バストアップ効果や妊活などでも注目を集めています。また、イチゴやラズベリーをのせたスイーツなんて、想像しただけでおいしそうです。

これらのベリー類には、メラニンやチロシンなどのはたらきを抑制する効果があります。つまりシミのもととなる物質の効果を減少させますので、UVケア効果が期待できます。こちらも紫外線を浴びる前の朝食や昼食で摂ると良いでしょう。

夜に飲むホットドリンク ココア

夏は、冷房や薄着などで意外と身体が冷えています。それに加えて紫外線からのダメージを受けています。そんな1日の終わりには、身体を温めるホットドリンクがおすすめです。

ココアや抹茶には、亜鉛が含まれていて、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収しやすいという特徴があります。

皮膚細胞の生まれ変わりを促進し、寝ている間に、プルプルの新しいお肌へと導いてくれます。安眠効果も得られるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top