Read Article

ワキの黒ずみの原因と解消法まとめ

評価の高い記事


今日のケノンの特典について

こんにちは、Kanaです♪
今日は、ワキの黒ずみを改善する方法についてご紹介していきます。

前回の記事、「毛抜きでの自己処理は、黒ずみ・肌荒れの元凶
の記事で書かせて頂いたとおり、

毛抜きでの自己処理はボツボツ毛穴黒ずみの原因。
カミソリでの自己処理はくすみ黒ずみの原因。

そこで、今回は、
ワキの黒ずみの解消法・治療法の詳細をまとめました。
各治療法の詳細は、それぞれの記事でご紹介しています。

というわけで、今日もかなり真面目な記事です。笑

「1~6までの治療法を全て行ってください。」という訳ではありませんので、
お間違えのないように!!

ご自身の予算と照らしあわせて、
どのステップから実践していくのかの参考にしてください。

ワキの黒ずみを治す方法まとめ ステップ別

まずは、お金の掛からない方法から試す事をお薦めします。

刺激・効果の弱い順になっています。
大体、価格・料金も下に行くに連れて、高くなります。

まずは、自宅で出来る安い解消法から試してみて、
数ヶ月続けても、解消しないようであれば、
美容外科・美容クリニックでの治療をすることになります。

【自宅でできる黒ずみ解消法】

1.重曹ペースト
2.ピーリングゲル
3.黒ずみ専用コスメ
4.トレチノイン+ハイドロキノン(使用には注意が必要)

【美容外科・美容クリニックの黒ずみ治療編】

5.ケミカルピーリング
6.レーザートーニング(レーザー治療)

ワキの黒ずみ解消法・治療法としては、
これぐらいになると思います。

ワキの黒ずみ解消・治療の順序

予算によって、
1~6のどの方法を実践するかを検討してみてください。

黒ずみがキレイになるまでの治療期間は、
個人差が大きいので、なんとも言えません。

掛かる費用・料金の比較

まずは、予算をそれぞれ比較してみます。

【自宅ケア】
1.重曹ペースト
→ 500円程度
2.ピーリングゲル
→ 1,000円~4,000円程度(1個あたり)
3.ワキの黒ずみ専用美白化粧水
→ 5,000円程度(1個あたり)
4.トレチノイン+ハイドロキノン
→ 3,000円程度(1セットあたり)

【美容外科・美容クリニックでの治療】
5.ケミカルピーリング
→ 5,000円~10,000円程度(1回あたり)
6.レーザートーニング
→ 10,000円~20,000円程度(1回あたり)

ワキの黒ずみ解消の実践ステップ

1.重曹でのケア

まずは、一番身近でお金が掛からないのが、
重曹を使ったケア。

効果に関しては、「効果ある!!」という意見と「効果ない!!」という意見が、
同じくらいあるので、安く始められるお試しの解消法としては、
良いのではないでしょうか。

重曹を使った、ワキの黒ずみ解消法は、
こちらの記事で解説しています。

ワキの黒ずみ解消法その1 重曹ペースト編

2.ピーリングゲル

こちらも身近な商品ですので、
ココらへんから試してみると良いと思います。
カミソリでの剃毛によるくすみ型の黒ずみにも、
毛抜きでの抜毛によるボツボツ方の黒ずみにも、
効果的です。

ピーリングゲル・クエン酸水を使ったワキの黒ずみ解消法は、
こちらの記事で解説しています。

ワキの黒ずみ解消法その2 ピーリングゲル編

3.黒ずみ専用コスメ

続いて、黒ずみ専用コスメです。
こちらは、私は実際に使ったことがないので、
なんともいえません。

ただ、ネットの口コミでは、1週間程度で、
肌がワントーン明るくなった。ていう口コミもあるので、
チェックしてみても良いと思います。

ちなみに、それぞれ、効果に関する口コミも@cosmeから拝借しましたので、参考にしてみてください。

そもそも黒ずみ専用品ですし、
トレチノインのような強い作用もないので、安心して使える点が良いです。
トレチノインと違って、オススメしやすい。笑

1. ワキの黒ずみ専用美白化粧水編
2. 黒ずみケア専用ジェル編

4.トレチノイン+ハイドロキノン

これは、私も色素沈着の治療で使ってました。
効果は絶大です。笑

ただし、効果絶大なだけあって、
副作用として、皮膚炎が起きます。(赤くなり、皮がボロボロ剥ける)
ですので、ダウンタイム覚悟で行うこと。
そして、紫外線対策は必須となります。

などなど、個人で使うには、かなり注意が必要な部類のものです。
注意点満載ですので、一概に、
オススメできるものではありません。

私のトレチノイン+ハイドロキノン体験談を踏まえ、
詳しくは、こちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

ワキの黒ずみ解消法その4 トレチノイン・ハイドロキノン編

とても作用の強いお薬になりますので、
あくまで自己責任でご利用ください。

ちょっと怖いなー。という方は、3番の黒ずみ専用コスメをオススメします。
そちらであれば、効果も緩やかですが、トレチノインのようなリスクはあまりないので。笑

5.ケミカルピーリング

トレチノイン+ハイドロキノンを自分でやるのが不安な方には、
こちらがお薦めです。

美容外科の先生が施術を行ってくれるので、
安心という意味では、トレチノイン+ハイドロキノンよりも断然上です。

ターンオーバーを促進させるという意味では、
自宅で行うピーリングやトレチノイン+ハイドロキノン治療と変わりません。

ワキの黒ずみ解消法その5 ケミカルピーリング編

6.レーザートーニング

こちらは、肝斑やシミ・色素沈着の治療などで、
よく行われる、レーザー治療です。
最終手段です。笑

効果は高いものの、レーザー照射後、
数日間は赤みやかゆみが出ることがあります。

レーザーの種類や出力によっては、ダウンタイムがない場合もありますので、
通う予定の美容外科にて、事前に確認される事をお薦めします。

費用は、やっぱり一番高い!!
1回の照射で1~2万円前後掛かります。

黒ずみの濃さにもよりますけど、
たぶん5回~10回くらい掛かると思います。

ワキの黒ずみ解消法その6 レーザートーニング編

ワキの黒ずみの原因と解消法まとめ

これ以上、ワキの黒ずみを悪化させない為には、
まず、日頃のワキ毛の自己処理を見直すことが一番重要です。

日常的に、ワキを掻いたりするようなことがなければ、
ワキの黒ずみの原因の大半は、
・毛抜きでの抜毛
・カミソリでの剃毛
この2つです。

それにくわえて、除毛クリームでの除毛も、
メラニン色素を増やして黒ずみの元となるようです。

いくら、高いお金を払って、
レーザートーニングで黒ずみ治療をしたところで、
毎日、ワキ毛を毛抜きで抜き続けていたら、
黒ずみが再発するのも時間の問題。

まずは、黒ずみを起こさない、正しい自己処理の方法に切り替えること。
そして、ワキの黒ずみを改善するために、解消法・治療法を実践するという、
2つのステップで行う事が重要です。

私の体験談からしても・・・

私が過去に、
トレチノインとハイドロキノンで色素沈着を消した時もそうですけど、
数週間で解消できるものではありません。

薄いものでも、2ヶ月ぐらいは掛かります。
根気よく治療してください。

また、何かご質問などありましたら、
お気軽にコメントをください。

それでは、今日も最後までお読み下さいまして、
ありがとうございました♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top