Read Article

ワキの黒ずみ解消法その5 ケミカルピーリングでやっつける!

評価の高い記事


今日のケノンの特典について

みなさん、こんにちは!!
Kanaですー♪

今日は、ワキの黒ずみ解消法の第5弾。
皮膚科や美容クリニックで受ける、ケミカルピーリングをご紹介していきます。

ワキの黒ずみ解消法シリーズの別記事は、こちらから。
ワキの黒ずみ解消法まとめ

ケミカルピーリングでワキの黒ずみ解消

こちらのサイトがケミカルピーリングについて、
分かりやすいかも。
手抜きをした訳じゃないですよ!!笑

社団法人日本皮膚科学会
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa25/

ケミカルピーリングと聞くと、
ニキビ治療に使う奴でしょ?というイメージをお持ちの方も多いはず。

にきび治療意外にも、シミ・くすみ・小じわ・毛穴の黒ずみなどにも使われます。

ケミカルピーリングは、
グリコール酸やサリチル酸マクロゴールなどの酸性の薬剤を塗布して、表皮を融解させるもの。

基本的には、家庭で行うピーリングよりも作用する深さが深いもの。っていうイメージです。

家庭用のピーリングジェルの多くは、スクラブ+酸性度の弱いフルーツ酸等を併用したものなので、
表皮をスクラブで削るものや、安全性の高いフルーツ酸で溶かすものがメイン。
どちらも、ケミカルピーリングで使用されるグリコール酸やサリチル酸マクロゴールなどと比較すると、効果する深さも浅くなります。

ただ、ケミカルピーリングの場合、酸性度の強い薬剤を使用するので、
家庭用のピーリングジェルでは、ほとんど赤みは出ませんが、
それと比較すると、赤みが出て施術当日・翌日は肌が荒れます。

ケミカルピーリングでワキの黒ずみ治療をした方の体験談

医療レーザー脱毛でも有名なフェミークリニックで、
ケミカルピーリングを受けた方の体験談の投稿を見つけました。

参考にしてみてください。
http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_44599/activity_detail/11421

まだ、治療しはじめて間もないとのことですが、
黒いブツブツが取れた。とのこと。

表面的なものは早く効果を体感できるのもケミカルピーリングの良い所ですね。

ケミカルピーリングの料金相場

浅めのシミ・黒ずみやくすみなどの治療で10回程度と言われています。

必要な施術回数に関しては、初回のカウンセリングで、
大体の回数を教えてくれると思いますので、
それを踏まえて検討してみてください。

10回で大体5万円~10万円程度が相場だと思います。

また、皮膚科や美容クリニックによっては、
ワキへのケミカルピーリングを施術してくれないところもあるようです。
事前に確認してみてください。

全国展開の湘南美容外科の場合、
ワキへの施術も可能です。

10回 52,650円 グリコール酸ピーリング
10回 56,290円 サリチル酸マクロゴールピーリング
10回 56,290円 乳酸ピーリング

料金表の(大)が適用されます。
詳しくは湘南美容外科のサイトで確認してみてください。
http://www.s-b-c.net/

サイトの作りがありえないほど、分かりにくいので、
右上の検索窓で「ケミカルピーリング」と検索してください・・・。

トレチノインとケミカルピーリングの違い

トレチノインとハイドロキノンの治療と近いイメージがあると思いますけど、
その仕組みは全然違うんです。

すごーく雑にいうと、

ケミカルピーリングは、酸性の薬剤で、
肌の表面を無理やり溶かす。

トレチノインは、お肌をつくる表皮細胞の増殖を促進させて、
驚くスピードで肌を内側から押し出してくる。

っていうイメージ。

トレチノインは、表皮細胞(ケラチノサイト)の増殖を促進させることで、ターンオーバーを促進させるとともに、
線維芽細胞にはたらきかけて、エラスチンやコラーゲンの生成を促進させる働きもあります。

トレチノインとハイドロキノン治療のページでも書かせて頂きましたが、
トレチノインは非常に作用の強いものなので、使用法には気をつけて下さいね。

ということで、今回は、
ケミカルピーリングでワキの黒ずみを解消する!!でした。
今日も最後までお読み下さいまして、ありがとうございます♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top