Read Article

ケノンの効果と口コミの総まとめ。脱毛器マニアの評価とレビュー@Kana

評価の高い記事


今日のケノンの特典について

みなさま、こんにちは!
Kanaです♪

脱毛器まとめ

このブログでは、色々な脱毛器の効果を検証してきました。
ある程度の数の写真や画像も揃いましたので、
一旦この辺りで…

“ケノンの効果検証の総まとめ!”
なんてどうでしょう?笑

今回は、ケノンの部位別の脱毛効果に関して、まとめていきたいとおもいます♪

ケノンの効果検証まとめ~♪

それでは、さっそく、ケノンの効果に関する過去の効果検証画像をまとめながら、脱毛効果をおさらいしていきたいと思います。

そもそも脱毛器なんて効果ないでしょ?

「家庭用脱毛器なんてどうせ効果ない」
こう思っていらっしゃる方々へ。
わたしも同感でした。

エステや脱毛サロンで10万円以上も掛かるコースが、6万円程度の家庭用脱毛器で実現できる訳がない。
そう思ってました。

そう思いながらも、6万円で全身脱毛できて、予約の手間とかキャンセル料とか、いろいろな面倒がないなら、そんな嬉しいことはない!
と心のどこかで、ちょびっとばかしの期待を抱いていたのが、このブログを始めたキッカケ。

↑初期型ケノンを購入した直後の写真。(もう5年くらい前!笑)

実際につかってみると、家庭用脱毛器というものに対するイメージがガラリと変わりました。

いろいろな脱毛器を試したからこそ感じることですけど、
最初に購入した脱毛器がケノンだったのが良かったかなーと。
いまでは、脱毛サロンを選ばなくて良かったとおもっています。笑

Vライン脱毛の効果まとめ(写真比較)

Vライン脱毛・ワキ脱毛が一番効果を体感しやすいです。
回数を重ねるごとに、気持ち良いぐらい、どんどん抜けていくので。笑

1週間か2週間に1回のペースで4回~6回程度が一段落の目安だと思います。

脱毛効果の比較にあたって、照射後、ある程度毛が伸びますので、同じ期間延ばした状態での比較が最も参考になると思います。
ということで、今回は、短期間でどれぐらいの脱毛効果を得ることができるのかという検証をするために、「2回目の脱毛から4日後」と「4回目の脱毛から4日後」を写真で対比させながら、ケノンの効果を比較してみました。

まず、ケノンで脱毛2回目の脱毛をした後の画像が↓。
実は、ケノン到着したとき、嬉しさに興奮して、すぐ脱毛しちゃったもんで、ケノンで脱毛する前の画像を撮り忘れたんです…。(><)
1回目の後の画像もあるのですが、脱毛から4日後の写真がなくて、2回目の脱毛4日後を比較対象の写真に使うことにしました。

ケノンVライン効果

たった2回の照射(3回目と4回目)で、ここまで毛が伸びなくなっています。
もっというと、1枚目の画像も、2回の照射が終わっている時点の写真なので、これでも元々のジャングルよりは陰毛が減っている状態です。笑

1枚めの右下の方に、毛包炎みたいのが写ってますけど、4回目の脱毛後には治っているようです。
逆に、1枚目の左の方に写っているプツッとした毛嚢炎の子供みたいのが、4回目の頃には赤くなってます。笑
現在は、すでに回復!

ノーケアの状態から、ある程度ハイジニーナを目指す!だったり、
水着を着るまでに、アンダーヘアの脱毛を間に合わせたい!というなら、
1週間~2週間に1回の照射を最低4回程度は、かんがえておくとよいと思いますよ♪

あとで、ケノン使用時の痛みに関しては詳しく解説しますけど、
Vラインの脱毛はほぼ無痛脱毛です。

Iライン脱毛の効果まとめ

ワタシ的には画像を載せたいんですけど、(ウソ。笑)
法律的にムリなので、残念ですけど文章で。

まず、後々、痛みの項目でくわしくかきますけど、
Iラインは、Vラインより痛い!

体感的には、Vラインよりも、すこし効果出づらいです。
Iラインの毛が抜けづらいのか、痛みのせいで、きちんと照射できてないせいなのか、理由はわかりません。笑

なので、6回~8回ぐらいの照射で一段落ってイメージで良いと思います。
あと、つかうカートリッジと照射レベルによっても、一段落するまでの必要回数は変わるはずです。

私がいつも使っているのは、
EXラージカートリッジとストロングカートリッジ。
気分によって変えてる感じです。

ただ、照射レベルは常に10!

Oライン脱毛の効果まとめ

こちらもIライン脱毛と同様に、画像掲載不可なので、文章で。

ただ、Oライン脱毛の感覚は、Iライン脱毛とほとんどおんなじです。
Vライン脱毛より痛みがありますし、効果がでにくいかんじ。

Oラインの脱毛も、レベル10照射で6~8回で一段落って感じじゃないでしょうか?
もちろん、徐々に抜けていきますので、1回目~5回目までは効果ないって意味じゃないです。

ワキ脱毛の効果まとめ

ワキ脱毛もVライン同様に効果を体感しやすい部位。
痛みもあまりない部位なので、サクサク脱毛できます♪

下の画像だと、「4回目の照射前」って書いてますけど、間違いです。
ただしくは、「5回目の照射前」です。ごめんなさい。

ケノンワキ脱毛効果

こっちも脱毛○日後の写真を比較して効果を並べてみたかったんですけど、撮ってなかった…!(><)
ということで、同条件で残ってた写真が1回目の照射直前と5回目の照射直前。

4回のワキ脱毛で大半の毛が産毛に近い状態に!
毛が一度抜け落ちて、細くなっているのは当然なんですけど、なんだか、毛の成長するスピードがすごく遅くなった気がします。
なんなんでしょう。

ケノンで照射時の感覚と痛み

実際に肌に照射したときの感覚は、脱毛サロンのそれと同じ。
よく「ゴムで弾かれるみたいな軽い衝撃(?)がある。」って言いますけど、この照射した時の感覚が本格的で驚きました。
ケノンの説明書どおり、照射前にしっかりと冷やせば痛みなく照射出来ますけど、施術する場所によってはちょっと痛かったりするところも本格的な業務用脱毛器とおんなじ印象。

しっかり冷やすと無痛脱毛

ケノンでの脱毛時の痛みに関しては、
しっかりと冷やせば、ほとんどの部位で痛みはありません。
無痛脱毛といえるくらい、痛くないです。

ですので、付属のクーリングパック(保冷剤)などで、しっかりと患部を冷却してから脱毛しましょう!

Iライン・Oラインはいたい!

ただですねぇ、IラインとOライン。
これが痛い。笑
エステや脱毛サロンだともっと痛いと思います。

性器周辺と肛門周辺を脱毛するときは、たまに冷や汗が出ます。
しっかりと冷やしても、チクリとした痛みが走るときがあります。

Beauty is Painなんて言いますけど、
ケノンでの自宅ハイジニーナ脱毛のときは、本当にそう思う。笑

ただ、2回目からは、初回の照射で反応した毛が細くなっていくので、
最初の数回が乗り切れれば、あとは他の脱毛部位と同じくらいの痛みだと思って大丈夫です。

最初の1~2回だけガマンガマン!
それを乗り越えれば…
彼氏も喜ぶ、キレイなハイジニーナはすぐそこ!

さすがにIラインとOラインは後悔できませんけど、
ケノンでのVラインの脱毛効果は画像でご紹介していきます!

脱毛器の仕組みと選び方

ちょっと堅く、むずかしいお話になってしまうのですが、自分で脱毛される方には、最低限理解しておいてほしい知識です!
脱毛アドバイザーとして、しっかりとお伝えしたい!o(・ロ・o*)

脱毛の仕組みなんて知りたくない!っていう方は、次の項目へスキップしてください。笑

それでは、いきましょう♪

脱毛には大きく分けて3通りの方法があります。
どの方法も毛根部(毛乳頭)にダメージを与えて、毛の再生を阻害するもしくは、一時的に除毛するという方法です。

  1. レーザー脱毛
  2. フラッシュ脱毛(光脱毛)
  3. ニードル脱毛

原理としては、レーザー脱毛もフラッシュ脱毛もおんなじ!
毛周期が成長期にある毛の毛母細胞は多くのメラニン色素を保持しています。
レーザー脱毛とフラッシュ脱毛では、そのメラニンに吸収されやすい波長の光やレーザーを照射すると、メラニンがその光を吸収し、熱エネルギーに変換します。
(小さい頃にやった太陽光と虫眼鏡で黒い紙に穴を開けるのと同じ原理!)

レーザー脱毛とサロンや脱毛エステで行われる光脱毛の違いは、
毛乳頭を変性させるほどのダメージを与えるか(永久脱毛)、
除毛効果を得る程度のダメージを与えるか(一時的な脱毛)、
という違いになっています。

ちなみに、毛乳頭を変性させるような施術は、医師法によって医師免許を持つもののみができることになっていますので、脱毛サロンやエステなど、無資格者が施術するようなところでは、レーザー脱毛は行われていません。

トリアとか、レーザー脱毛器は永久脱毛でしょ?

家庭用脱毛器には、レーザー光源を採用した、レーザー脱毛器もありますよね!
トリアが有名。いまでは、「トリア4X」「トリアプレシジョン」という名称で販売されています。

さきほどのお話でいくと、レーザー脱毛なんだから永久脱毛でしょ?と思われるかもしれません。
いいえ、トリアは永久脱毛できません。

さきほども書いたとおり、永久脱毛の施術は医師しかダメなんです。
永久脱毛できちゃう機器を個人に販売するのも当然NGです。

というわけで、いくらレーザー脱毛器でも、家庭用脱毛器なので永久脱毛器ではありません。
少なくとも日本で販売されている家庭用脱毛器で永久脱毛できる機会は存在しません!キッパリ

脱毛サロン・エステって永久脱毛でしょ?

もっというと、
脱毛サロンやエステのフラッシュ脱毛などについても、「店舗でプロに施術してもらう=永久脱毛」と勘違いしている方も多いようですけど、脱毛サロンやエステのスタッフは医師免許持ってないので、永久脱毛の施術をすると医師法違反で逮捕されます。

当然、脱毛サロンもエステも一時的な脱毛にすぎないです。
それでいて、予約の手間は掛かるし、次の予約が取れるまでの期間も長かったり、キャンセル料やら施術者の技術レベルの差なんかもあったりして、意外とめんどうです。笑

IPL脱毛器・医療レーザー脱毛をすすめる3つ理由

ということで、私がフラッシュ脱毛器をすすめる理由としては、

  1. どうせ永久脱毛できないんだから、面倒な脱毛サロンは却下。
  2. どうせ永久脱毛できないのに、痛いレーザー脱毛器は却下。
  3. じゃあ、痛み・効果・コストのバランスが良いフラッシュ脱毛器!

という具合です。

わたしの認識だと、家庭用レーザー脱毛器と脱毛サロンは立ち位置が中途半端なので、まったく使う気になりません。

私が脱毛サロンに行かない理由

私が脱毛サロンに行かない理由を簡単にまとめます。

・そもそも、永久脱毛できない(重要)
・予約の手間・来店の手間が面倒。
(店舗の混み具合によっては「次回は3ヶ月後」なんてことも)
・各社月額プランに移行して安く見えるけど、結局安くない。
・急な予定が入ると、キャンセル料払わなきゃいけないケースも。
・人様に恥部をみられたくない。

私がレーザー脱毛器を選ばない理由

過去、レーザー脱毛器も使いましたが、フラッシュ脱毛器と比較すると、使い勝手が悪すぎます。
永久脱毛が出来ない時点で、期待できる効果としては一緒。一時的な脱毛です。
ですが、デメリットが多い!

・そもそも、永久脱毛できないのに、痛すぎる。
(一部の人は、麻酔クリーム使うほどです。)
・照射範囲が1㎠ぐらいしかないので、めちゃめちゃ時間掛かる!
・めちゃめちゃ時間かかるのに、本体が重くて腕が疲れる。
・バッテリー交換時の費用に2万円程度掛かる

私が医療レーザー脱毛を選ばない理由

ニードル脱毛と並んで、唯一の永久脱毛、医療レーザー脱毛。
私がこれを選ばない理由はただひとつです。

・金額が高い。
以上。笑

お金がある方には医療レーザー脱毛がいいと思います!

一生、ムダ毛の手入れとは無縁になるわけですから。
高いだけの効果があります。

正直、私もお金があるなら、
フラッシュ脱毛器じゃなくて、医療レーザー脱毛での全身脱毛を選びます。
間違いなく。
やっぱり永久脱毛という効果は魅力的。
次回照射(次回予約)のタイミングは店舗の混み具合によって、4ヶ月待ちなんてことも。

店舗でやるか脱毛器を選ぶかっていう選択よりも、
永久脱毛を求めるか、永久脱毛じゃなくていいか。
っていうところから考えると良いと思います。

永久脱毛で全身脱毛となると、当然のように50~80万円ぐらい掛かります。
金額的に無理なら、ワキだけ永久脱毛して、あとは、自宅脱毛にする。

っていう選び方なら、
ワキ脱毛:湘南美容外科5回1,000円(医療レーザー脱毛)
全身脱毛:ケノン7万円前後(フラッシュ脱毛)

この組み合わせなら、ワキの永久脱毛と全身脱毛もできて、7万円前後でことすみます。

まず、ケノンにかぎらず、家庭用脱毛器が効果あるのかないのか?というのは、ネット上の口コミ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top