Read Article

レーザー手術の父。その娘、アメリカ連邦上院議員。

さて、本日も元気に行きましょー!
レーザー脱毛の歴史

これからVライン・Iライン・Oラインなどの脱毛を検討されている方であれば、避けては通れない!レーザー脱毛にの歴史関するお話です。

今や、Iラインの脱毛のみならず、全身のドコを脱毛するにしても、
レーザー脱毛が様々な脱毛方法の中でも一番大きな選択肢になってくるかと思います。

現在かなり流行し今では新型となって生まれ変わった家庭用脱毛機があります。
以前は、イーモリジュと言う脱毛機でしたが、新型になってケノンと言う新型機に生まれ変わり発売されています。

良く勘違いされる方がいますが、これは家庭用レーザー脱毛機ではありません。
家庭用フラッシュ脱毛機(家庭用光脱毛機)ですので、ご注意下さいね。

光脱毛もレーザー脱毛もそれぞれメリット・デメリットがありますが、
レーザー脱毛のメリットとしては、やはり効果を体感しやすいです。
その変わり、Iラインなどの毛が密集していて、なおかつ毛自体が太い部分では痛みが強くなりがちです。
毛が太く、密集度も高い事から、なおさらフラッシュ脱毛では効果を体感しづらいです。どちらが良いとは言いづらいですね。この点は、人それぞれになってきます。

このレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の比較や違いに関しては、また後日書かせて頂きたいと思いますので、

今日はレーザー脱毛の歴史に関するお話!

レーザー脱毛の原点、ご存知ですか?
かの有名なノーベル物理学賞受賞博士である、アインシュタインさんが1920年頃に研究を行っていた、「誘導放出の研究」が後に、レーザー開発のきっかけとなったそうです。

1920年頃からレーザーの元となる研究を行っていたなんて、スゴイですよね。
彼も、その研究が、ここまで女性に親しまれ、医療分野においても活躍の場を広げるとまで想像していたでしょうか。

その後、1960年には、米国のヒューズ・エアクラフトと言う会社のT.H.メイマンさんがレーザー発振装置なるもの開発し、初めてのレーザー機器が世に出されました。

その1960年、その機器を用いて、アメリカでレーザー手術の父とも称されるレオン・ゴールドマン博士が世界初となる、ルビーレーザーを用いた血管腫の治療を行っています。
ちなみにですが、このレーザー手術の父と言われているレオン・ゴールドマンさんの娘さんは、現在のアメリカ連邦上院議員で1992年から現在も勤め上げている、ダイアン・ゴールドマン・バーマン・ファインスタインさんです。

ちょっと、長くなりすぎました。笑
すみません、今日はこの辺で・・・。

私のレビューと口コミまとめ
脱毛サロンレビュー・口コミ
家庭用脱毛機ケノンの効果・レビュー・口コミ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top